株式会社、合同会社設立のご相談なら「株式・合同会社設立代行センター」まで

定款に記載する事項

定款の絶対記載する事項(株式会社)

定款は会社の重要事項を定めた書類で、会社の憲法といえます。
会社設立時には必ず作成しなくてはならず、設立時に作成する様々な書類の中でも最も
重要な書類といえます。
定款は公証役場で公証人の認証を受けなければならず、認証のないものは登記申請時に
認められません。
定款の内容は、必ず記載しなければならない絶対的記載事項、定めないと効力が生じない
相対的記載事項、任意の内容である任意的記載事項に分けることができます。

 

絶対的記載事項とは?

定款に必ず記載しないといけない事項を「絶対的記載事項」といいます。
絶対的記載事項を欠くと、その定款は無効になります。
株式会社の絶対的記載事項は下記の6つです。

 

絶対的記載事項

詳細

商号

・類似商号の規制が廃止されました。
・同一住所で同一商号でない限り登記可能です。
・不正競争防止法や商標法に注意が必要です。

目的

・設立後すぐに営む事業だけでなく、将来行いたい
 事業も入れておきましょう。

本店所在地

・最小区画または番地まで記載します。
・同一市区町村内で移転するのであれば、最小区画
 までの記載がおすすめです。

    設立に際して出資される財産の価格
         またはその最低額

・株数ではなく、出資財産額または最低額を記載
 します。

発起人の氏名または名称および住所

・出資者の氏名および住所を印鑑証明書とおりに
 記載します。

発行可能株式総数

・株式の譲渡制限がない場合、発行株式に制限は
 ありません。

 

相対的記載事項、任意的記載事項とは?

相対的記載事項

定款に必ず記載する必要はないが、記載しないと効力が発生しない事項です。
主な内容は下記の通りです。

 

@現物出資の内容
A財産の引き受け
B会社が負担すべき設立費用
C株式譲渡制限に関する規定
D公告の方法

 

任意的記載事項

定款に記載するかどうかは、会社が自由に決められる事項です。
定款に記載する事により会社運営がスムーズになりますし 、会社の内容を株主に明確に示せる
メリットがあります。
ただし、決め事を多くすると会社運営がスムーズにいかなくなるので注意が必要です。
主な内容は下記の通りです。

 

@事業年度に関する規定
A取締役や監査役の人数
B株主総会開催の時期
C株主総会の議長
D取締役会の組織についての規定

お問い合わせ

〒131-0032

株式会社,合同会社,設立,代行

東京都墨田区東向島3-10-9-403
株式・合同会社設立代行センター 行政書士 米井清二
TEL:03-4577-0458
携帯:090-1463-8657
E-mail:yonei@yonei-office.com
お問い合わせフォーム

年中無休で21時までお問い合わせ可能なので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
※お急ぎの方、土日祝、17時30分以降は携帯にお電話いただけると助かります。
 

関連リンク

トップページ センター概要 報酬額 無料相談について ご依頼までの流れ 株式会社設立 合同会社設立 許認可について 会社設立後の手続き 税理士の紹介 よくある質問 ブログ

関連ページ

電子定款
株式会社や合同会社の設立手続きが分からない、設立手続きをする時間がないなど、会社設立でお悩み、ご不明な点がございましたら、「株式・合同会社設立代行センター」までお問い合わせ下さい。年中無休で21時まで営業しています。
定款認証
株式会社や合同会社の設立手続きが分からない、設立手続きをする時間がないなど、会社設立でお悩み、ご不明な点がございましたら、「株式・合同会社設立代行センター」までお問い合わせ下さい。年中無休で21時まで営業しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ センター概要 報酬額 無料相談について ご依頼までの流れ お問い合わせ